<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>生くさい空気

彼は、爺様の代から続いた三代目の大工である。

 

そんな彼の父親である二代目師匠は先日、
職場で亡くなられた。

 

肉親という感覚以上に、
師匠として父親を非常に尊敬していた彼は
暇を見つけては初代と二代目が眠る墓に
よく墓参していたという。

 

その日は、上棟の翌日で

 

「現場で滞りなく工事が進みました」

 

との報告を兼ねての墓参だった。

 

よく晴れた昼時。

 

念入りに掃除をし、お供え物を並べ、
手を合わせていると不意に生臭い空気が流れてきた。

 

師匠への報告の途中だったので、
気にしないようにして手を合わせていると

「ヒャハハハハハハ!」

と甲高い女のような
赤児のような笑い声が
背後から響いた。

墓参を邪魔する不逞の輩に怒りを感じた彼は、
カッと目を見開いて思わず振り向いた。

そこには誰もおらず、
生臭い空気が一層濃く漂っているだけだった。

(まったく・・・)

墓前に向きを戻した時、
彼は息を呑んだ。

猿のような体に、
目のつり上がった女の顔を持つ奇っ怪な者が
墓石の上に座り、
真っ赤な歯を覗かせて笑っていたというのだ。

彼は、激しい怒りに身を震わせ

「どけや!!!」

とその者のスネに拳を叩き込んだ。

かすかに手応えを感じたが、
その者はパッと消えた。

呆然としていると、
またも背後から笑い声が。

彼が振り向こうとした瞬間。

「振り向くな!」

という二代目の声が聞こえたという。

彼はハッとしてただ黙って手を合わせ始めた。

脂汗をかきながら、
一心に手を合わせていると、
いつの間にか生臭い空気は消えていたという。

車に戻った彼は、
携帯を取りだし見知った神主に連絡を入れた。

「よう!地鎮祭かい?」

呑気な神主の声を遮るように彼は叫んだ。

「奥津城(神道のお墓)の上に化け物が座ってた!
すぐお祓いしてくれ!」

それから日も空けずに、お祓いが行われ、
それ以来何の怪異もなく無事に済んでいるという。

神主は

「いい師匠を持ってよかったね。
あの時振り向いていたら、
今頃あんたも此処にいたかもね。」

と綺麗に手入れのされた奥津城を眺めていたという。
 
また明日の19時にお会いしましょう。