<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>音楽と男の声

この間、学校の課題の山に
死にそうになっていた時のこと。

 

明け方の4時くらいかな、
だいたいの課題が終わったから
仮眠しようと思ってベッドに入ったんだ。

 

自分の部屋は妹と一緒で、
ベッドも二段ベッド。

 

上が妹、自分は下。

 

その日もそのまま
下のベッドにダイブして寝る筈だった。

 

異変に気づいたのは
ベッドに入ったその直後。

 

なんかどこからともなく
何かの音楽が聞こえるんだ。

 

音楽はオーケストラで演奏していて
曲名はわからない。

 

迷惑だなぁ、と思って音源を探そうとした時、
その音楽の音量が急に大きくなった。

明らかに明け方に奏でるには近所迷惑な音量。

そこで、気がついた。

こんな大きい音なのに
妹や親が起きないのはおかしい、
この音楽が自分の耳元鳴っているんじゃないか、と。

音楽は耳元というより
脳に直接流れているという感覚だった。

でもまぁ徹夜が3日続いた時だったし、
たまにはこんな事もあるんだろうと思った。

心霊は信じてるけど、
まさか自分の家で起きる訳ないって思っていた。

だからその時も音楽をスルーして
寝る体制に入った。

しかし、眠れない。

音楽は大きくなったり小さくなったりを繰り返している。

その上、音楽の合間合間に
誰かが喋っているような声まで聞こえ初めた。

聞いた事のないオッサンの声で、
内容はわからないが
どうやら自分をあざ笑っているようだった。

この時になって、
初めて自分は恐怖を覚えた。

心霊現象ではなく、
自分の精神が狂ったのか考えた。

オッサンは相変わらず、
あざ笑っている。

音楽も鳴り止まない。

このままこの状況が続いたら、
まだ理性があるものの自分は完全狂うだろうと思った。

怖くなった。

狂うなんてまっぴら御免だと思った。

ベッドから逃げ出そうと思ったが、
体が動かない。

金縛りだろうか。

男はまだ、自分をあざ笑っている。

耳鳴りがする。

いつの間にか、朝になっていた。

自分はこの話を家族に話した。

疲れって怖いね、と。

この日以降、この現象は起きてない。

狂ってなかったか、と安心した。

しかし、その代わり
最近私の周りで別のおかしな事が起きている。

自分の家には父しか男の人はいない。

そして自分と妹の部屋にはテレビなどもない。

それなのに、自分の部屋で電話に出ると
何か男の人の声がする、と言われるようになった。

部屋で寝てる間にきた彼氏からの電話に
知らない男の人がでた等、
男の声に縁ができてしまった。

これまではただの電波障害だと思っていたが、
あの日以降、もしかしたら何かこの家にいるのかもしれない…
と怖くなってきている。
 
また明日の19時にお会いしましょう。