<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>長いトンネル

昔、日本海側にカニ喰いにいった時の話なんすが。

親と一緒に車でいってて、
俺だけ先に帰る用事があったのね。

金はかかって仕方なかったけど、
贅沢はいえんから朝早くに旅館でて、
電車に飛び乗ったわけさ。

で、俺馬鹿だから
反対方面の電車のっちゃってさ。

ガタゴトと
目的地とは真逆の方向にいっちゃったわけね。

電車のってからそれに気付いて、
とりあえずこのまま乗り続けてても
仕方ないからって思って降りたんだ。

で、反対方向の電車を待つかって思って
時刻表みたらそこ田舎で雪国だから
冬場とか二時間に一本あるかないかのトコだったわけ。


こりゃやばいって思って、
急いで親に携帯で電話かけようとしたけど
山に囲まれて圏外。

で、どうしようか悩んだ挙げ句、
用事の方はキャンセルして、
とりあえず旅館まで戻ろうと思ったのよ。

でも、電車ないから
歩いて帰ろうとしたわけさ。

車道は水吹きだしてて歩き易そうだったし、
なにより確実に迷わずにつけそうだったから
一般道を徒歩で旅館を目指したのさ。

多分、一時間もかからんだろうなって思ってたのね。

ウォークマン聞きながら陽気に歩いてたんすわ。

歩くの好きだし、
まあ、山道を眺めながらハイキングってのも
楽しいだろうってあくまで楽観的。

こん時はほんと、
心霊なんて文字一言もなかったね。

朝だし。

しばらく歩いて大分体も温まってきてさ、
この調子ならすぐつくだろうなって思ってたのよ。

結構道すべったりして危険だったけど。

時々、車が横を通りすぎていくんだけど
大抵のドライバーは

「なにやってんだ?」

って顔でこっちもみてる。

「そんな顔すんなら停まってくれよ」

って内心思いながら車を見送る。

多分、俺が女の子、子どもに見えたなら
すぐにでも声をかけてもらったんだろうけど、
見かけオヤジだったからなあ。

でもまあ、気にせずガンガン進んでいったわけだ。

するとさ、あるのな。

やっぱり山掘ってできた道だから。

トンネルが。

一本目は結構短いの。

大体50mぐらい。

もうすぐに向こう側が見えてる。

でもやっぱり不気味だから
ウォークマン全開で突入。

もうガンガン、
車が横切っていくから怖い怖い。

別の意味でスリリング。

でもまだ楽しんでた。

一本目を抜けて安堵した矢先に
すぐ目の前にまたトンネルが見えたのよ。

「またかよ」

って思ってさらに愕然。

向こう側の明かりが点。

「長ッ!」

思わず突っ込むほど。

一本目の時も極力、
トンネルの壁とか気にしないようにしてた。

オカルト嫌いじゃないけど
こんなトコで出くわしてもおれ徒歩だし。

逃げようがないじゃん、
トンネルって。

まあ、朝だし、
なんにもないかって思いながら中入ったのよ。

トンネルの中って
あんまり昼とか夜とか関係ないね。

橙灯が中途半端にぽつぽつついてるだけで
外のあかりがすぐにかき消されてく。

で、俺は極力、
前と足下しかみてなかったんだけど
田舎だからなのか、
すっごいボロボロなのよ。

溶けた雪が隙間からぽたぽた滴ってるし。

で、ふと気付いたのよ。

車がこないの。

さっきまでびゅんびゅんきてたのに…
中に入って五分ぐらい歩いたあたりで…
全然車が走ってこないの。

たまたまなんだろうけど。

なんか急に寂しくなってきた。

だって車がきてるから人の気配がしたわけで…
俺がトンネルに入ってから
その気配が全然なくなった気がしたわけ。

でさ、急に冷えてきたの。

トンネルの中って普通暖気がとどまるから
ぬくいはずなんだけど、
汗が冷えたからなのかどうかはわかんない。

けど、めっちゃくちゃ寒いって思い始めた。

ガタガタ寒くなって。

そりゃ冬の雪山なんだから
当然っちゃ当然なんだけどね。

したらここでまた重なるように
ウォークマンの電池がきれたの。

一気に無音。

さーーーって血の気が引いていく勢い。

たまにゴォォォォって
トンネルの中で風の音が反響しまくってるの。

で、一歩歩く事に
自分の足音がじゃりじゃり響く。

もうね、前なんかまともにみれない。

大分歩いたかな。

多分、十五分ぐらいして、
半分ぐらいまで歩いてたんだと思う。

後ろ見ると、入り口が点。

前みると出口が点。

ひたすら、黙々と下だけ見ながら
歩きすすんでいったわけよ。

…ふとさ、視界に白い物が目にはいった。

暗いからはっきりと見えないのね。

で、次第に近づくとなにかわかった。

花束だったのよ。

やばいやばい!

って頭の中でぐわんぐわん警鐘なってるの。

ぞわわって鳥肌が足下から首筋かけて来る感じ。

今までそんな体験したことなかったし
霊感もなかったからあれだけど、
関節がギシギシ痛む感じがあった。

なんでこんなトコで花束!?
って気持ち一杯。

足取りが一気に早くなった。

見たくないのに、
壁の模様とかが気になって仕方ない。

所々ひび割れてる隙間から
なにかが覗いてるような感じ。

なんでかわかんないけど、
ホントになんでかわかんないけど女がいる。

そんな感じがした。

どんな事故かも知らなかったし
なにがあったとかも知らない。

けど女がいる。

もうね、人間極限状態になって
どうしようもなくなると歌うね。

歌ったさ、でかい声で何故かしらないけど

「はーれるや!」

って何度もずっと繰り返し
ハレルヤ歌ったさ。

お経じゃなくて
なんでかハレルヤだったさ。

「はーれるや!はーれるや!」

って全然歓びの唄じゃねえよ。

必死だよ。

ただ、不思議と走れなかったんだよね。

走ると本気でついてこられる気がしたから、
堂々としたフリだけみせてさ。

もう、急ぎたいけど走ったら来るって思った。

時々さ、視界にひらひら白いの薄い影が散らばるの。

雪だ。これは雪だ。って思うんだ。

でももう片方でトンネルの真ん中で
雪が吹き込んでくるわけないってわかってる部分もある。

ひたすらハレルヤだけ歌って自分で自分を笑って
端からみたらおれが怖い人だよ。

でも必死でしたよ。

時折、イヤホンしてたから
風の音がひゅうひゅう聞こえる。

俺のハレルヤの声が
馬鹿みたいにトンネル中に反響してる。

でも、おれ聞いちゃったんだ。

女の悲鳴。

耳で聞こえる感じじゃないんだよ。

脳内ガツーンって響くの。

あとはもう必死。

とりあえず、トンネルから出たかった。

随分走ったよ。

ついてきてるとかそんなのどうでもよかった。

息きらして、
トンネルの出口が段々近づいてきた時には

「ああ、よかった出られるんだ」

ってマジで安心した。

外の明かりが見えて、
眩しいなあって思って。

で、はっと振り返ったらさ。

まあなんにもなかった。

普通のトンネル。

真ん中なんかさ、随分くらいの。

よくあんなとこ歩けたな俺って思いながら…
向こう側みようとするんだけど、ただの暗闇。

若干カーブもしてたっぽい。
こんなに長いトンネルだったなんてなぁ。

って思わず笑ってから
こんどはさらに背筋がこおった。

じゃあ、俺が入り口で見た、
出口だと思った明かりはなんだったんだ?

つうかあんなくらいトコで
よく花束だなんて分かったなぁ…
妙に白く目立ってたけど…。

…よくわかんないけど、
ほんと出れてよかった。

姿は見えなかったけど、
確かに女はいました。

 

また明日の19時にお会いしましょう。