<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>噂の検証

俺の実家の近くの裏山にとにかく長い階段がある。

階段を上っていった所に社があるということを
高校生の時に聞いて、
肝試し感覚でそこへ行くことに。

色々とそこに関する噂があったのだが
怖い話好きには堪らなくて

「そこに行けば必ず霊が見れる」

「丑三つ時に呪いの儀式を[未だに]している」

「自殺者が多数発見去れている」

「もの凄い数の地蔵が置いてある」

「変なうめき声が聞こえる」

「いつも徘徊している爺さんに声をかけると
凄い速さで追いかけてくる」

等々。


まぁ、噂に過ぎないので
怖いと思いつつも全部あるならある、
無いならないを検証しようという事に。

集まったメンバーは7人。

怖がる奴は極力排除して、
霊を信じてない、
若しくは信じているが怖くは無いという者ばかり。

取り合えず上記の6つを検証

過程は、まず7人で集合。

懐中電灯持参。

丑三つ時の件もあり登山時間は1時に。
(3時だと全て見終わる頃に5時ごろになりそうなので)

階段の下は駐車場の為、
下に自転車を止めて上がり始める。

駐車場は電灯があり明るく
怖さは全く無く、上り始めて途中
電灯の明かりが見えなくなるあたりで
懐中電灯を点火して進むことに。

異常に長い階段の為途中で疲れてくるが、
遠足気分と夜中に皆で遊んでるという事の方が勝っており
気にならなくなる。

検証を兼ねているので
時々階段の脇に行ってみたりしたが
特に何も無し。

10分ぐらい経つと一度階段が終了。

続きの階段があるが左にも道があり、
その道をまずは行って見ることに。

ずっと行くと変なうめき声みたいなものが
微かに聞こえた為、その方向へ。

呻き声は
「アーーーー」っていう感じで
赤ん坊の様なもの。

全員が確認出来た為聞間違いでは無い様子。

ずっと行った先で道が終了。

特に何も無し。

その後再度階段まで戻り又上り始める。

上り始めて数分後
右側の茂みを照らしてた奴が何かを発見。

木の上からロープが吊るされており、
枯れた花束がビニールに包まれておいてある。

薄気味悪くなるが、
検証の自殺の残骸の発見とする。

それからは少し背筋が寒くなり始め
皆無言を避け始める。

階段にもどりずっと上っていくと、
広い場所に出た。

左側には未だ上に続く階段があり、
右側に再度小道があった。

そこの道をずっと行った時に空気が止まる。

辺り一面に風車と地蔵あり(百体以上)、
その一つに一人女の人が座ってお祈りしてる。

時間は2時半ぐらいの為
その光景があまりにも奇怪で怖くなり皆逃げ出す。

下の階段に逃げ出そうと思っていたけど、
何を血迷ったか一人が上に行ってしまい、
集団心理なのかそのままそいつを追う形に。

その後上でぜぃぜぃ言いながら
どうするかを話ていると社を発見。

火事で燃えた残骸のようで神社の様な感じ。

そこの横にある御神木らしい木に
びっしりと藁人形と五寸釘らしきものを発見。

そこで「かーん、かーん」と言う音が
神社の裏側から聞こえて来た為
静止状態になる。

それから数秒後に
「ぎゃあはあああ」という
訳のわからない声を発した女が
俺らの前を走って横切り、
そのあとにいきなり戻ってくる。

俺らは、もう兎に角「すみません」の連呼。

女の特徴は「普通」の服を着て
「普通」の化粧で「普通」の人だけど、
その場の雰囲気や景観からは浮きすぎて奇怪であり
「お化け」としか思えないぐらい怖かった。

女が笑顔で

「今ヤッテル最中だからどいて。
ね?ジャマだよ」

と言い出し
皆どうすれば良いかわからず、
その女から遠ざかる。

その後女が御神木に刺さってる五寸釘と藁人形を
バールで抜き取り又裏山に戻っていく。

そこで御神木に紙が貼ってある事に気付く。

内容はここに書いておきます。

(帰ってきて皆の記憶を辿って書いた物なので不十分かも)

「イノミドリゴハ、カンウメ。
ニノタイガハコワス。
ミノチゴニテコワサレル。
ドレガワタシヲコワシタ。
イナイイナイバア、イナイイナイバア。
イツモイルヨウシロニマエニ。
イナイイアイバア」

これを見た瞬間に
もうここには居るべきじゃないと思い
兎に角下へ逃げる。

逃げてる最中に赤ちゃんの鳴き声が聞こえたり、
女の人のうめき声が聞こえた様な錯覚に陥り、
ほぼパニック状態に。

その後走って駐車場へ降りている最中に、
自転車の辺りに人影を見つける。

降りていくに連れて
爺さんと認識していき、
又動きが止まる。

ただ、ここに居たくないという気持ちがつよいのと、
爺さんはそこまで怖くないと思った為
(霊=女のイメージが強かったからだと思う・・。)
自転車に近づく。

鍵を開けてる最中に爺さんが話し掛けてきて、

「上にいったんか?上にいったんか?」

としきりに言う。

怖くて顔を見て喋れなかったが
友人に対象を変えたため
チラッと見てみるとニヤニヤしながら

「上にいったんか?」

と聞いてて、
急にこの爺さんも怖くなる。

その後一人が自転車で逃げ始めると
皆がそれに続いて逃げ始めたが、
爺さんが

「おーい、忘れ物ー、
これ大切じゃないんか?」

と言うので先頭の奴に

「待って!」

と言い皆で戻ることに。

戻ると爺さんが

「ほら、この赤ちゃん忘れとる」

と言い出し、
速攻で逃げる。

皆で逃げてる最中に真ん中を走ってる奴が、

「おい!おいって!!!」

と先頭の奴に言い始め、

「おい!!!!お前籠に何か入っとる!」

等と言う。

皆怖くなり無視。

その後家に戻り、
怖すぎと言う話で盛り上がり、
検証を一応纏めようとなる。

そこで先ほどの奴に何故
「何」をいれとるんか、
と聞いたのかを尋ねると、
籠の中で何かが動いていたように見えたらしく
赤ん坊のように感じたから聞いたと。

誰も何も言えず、
次の日他の神社にお払いをお願いして
お払いをしてもらう。

数年後(最近)に
これは冗談で言ったと言い出したが、
その時は本気で言っていたようにしか思わなかった。


これが大体の流れです。

長くなって申し訳ないです。

お金は掛かったし(お払いに)怖い思いはしたしで、
良い事など全然無い肝試しでした。。

ちなみに、紙に書かれていたものは
水子供養に来た人なのか、
恨み、呪いなのかは一切不明です。

書かれているものは
そのまま漢字にして理解は出来ますが、
詳細は不明です。

ただ瞬間的にヤバイと思った言葉は
「イナイイナイバア」でした。

これをその場所で見たときは
本当に背筋が凍りました。。


検証結果

1、霊が必ず見える(見たような見てないような)

2、儀式の有無(有)

3、自殺者多数発見(無、しかし残骸有り)

4、ものすごい数の地蔵(有)

5、変なうめき声(有)

6、爺さんの徘徊(有、しかし別に追いかけては来ない)

と言う感じに。

もう一生行こうとは思わない。

遊び半分で行くようなものでは無いと実感した。

7人の内1人が冗談で言った一言が
恐怖を増殖させた為
(本人は当初は本当だと言っていたが
最近話を聞くと冗談冗談と言い出した)
全員でお払いに行き終了。

遊び半分で行くもんじゃないんだと
本当に思い知らされた。

 

また明日の夜19時にお会いしましょう