<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>見えない併走者

私が体験した、
自分にとっては洒落にならない程、
怖かった話。

当時私は、
自転車で一時間近くかけて高校に通っていた。

進学クラスということもあり、
朝早くに登校して、
夜になってから下校する毎日だった。

あの日も、学校を出たのは7時頃。

夏という事でまだ日は落ちていなかったが、
徐々に辺りが暗くなって行く様は逆に、
初めから真っ暗な夜より
不気味に感じていたのを覚えている。

学校を出て十分もした頃だろうか、
後ろに何か気配を感じた気がする。

何気なく後ろを振り返るが何もない・・・。


「気のせいか・・・」

私は気にせずそのまま自転車を走らせた。

思えば、この時にどこからか
奴を連れてきてしまったのだろう・・・

さらに自転車を走らせる事、数分。

ある民家の前を通る。

田舎であるために民家はまばらに建っており、
各々の間は離れているのだが・・・

そんな事はさておき、
ある事に気が付いた。

「あれ、今誰かいなかったか?」

私は違和感を感じた。

先ほどまで後ろを振り返った時には
誰も居なかったはずである。

にも関わらず、
今通った家の窓硝子には私と、
その数m後ろに着いてくる影があったような気がする・・・

私の知らない内に誰かやってきたのか。

別に気にする程の物でもないかもしれないが、
やはり気になる。

「今の影、自転車に乗ってたか?」

私は自転車に乗っている。

しかし、先ほど映っていた後ろの影は
何も乗っていなかった気がする。

にも関わらず、
私とほぼ同じスピードで着いてきていた?

いや、気のせいだろう・・・
と心の中で打ち消す気にもならず、
しかし後ろを振り返る勇気もない。

丁度お誂え向きにミラーが見つかる。

ちらっと、後ろを確認する・・・

良かった、誰も居ない・・・

しかし、また民家の前を通り、
窓に私の影が映った瞬間。

「!!??」

やはり、居るのだ。

私の後ろ数m。

今度は確実に見えた。

人だ。

何にも乗っていない。

手を前に突き出す用なポーズをしている。

そして何より私の恐怖心を煽ったのは・・・
近づいてきているのだ。

先ほどより、確実に。

手を突き出す不自然なポーズで、
何にも乗っていないその影は、
自転車に乗っている私より早く走り、
私に近づいてきている。

「やばい!!」

そう思った私は自転車のスピードを上げた・・・

また、次の民家が近づく。

正直見たくない。

あの得体の知れない何かを確認するのが怖い。

しかし、奴との距離を確認しなければ。

これだけ必死に漕いでいるのだ。

少しは奴を引き離す事が出来ただろうか・・・

「だめだ・・・」

これだけ必死に漕いでいるにもかかわらず、
奴は確実に近づいてきている。

そもそも、あいつは何なんだ?

黒い影で人とは解るが、
はっきりと姿が解らない。

それは、日が落ちてきているから
はっきりと解らないだけか?

それに、あの不自然なポーズは何だ?

両手を前に突き出して・・・

あの手に何の意味が・・・

「まさか・・・捕まえようとしているのか?」

恐怖が押し寄せてくる。

必死に自転車を漕ぐ。

民家で確認する。

奴はまた近づいてきている。

その繰り返しだった。

途中ですれ違った車がライトを数回点滅させる・・・

あの運転手には、
私の後ろに迫る奴が見えていたのだろうか・・・

何度目の民家の窓だったろうか、

もう既に奴は私の自転車を掴みかけている・・・

何故その距離なのに、
映る影がはっきりしないのだろうか・・・

相手の立てる物音が聞こえないのだろうか・・・

自転車を必死に漕ぐ。

息は切れ、心臓は悲鳴を上げている。

喉からは血のような匂いがする。

「次に映ったときには
もう自転車を捕まれてしまうかも・・・」

その恐怖から次の民家の前を通るのが怖い。

だが、そんな気持ちとは裏腹に、
次の民家が見えてきた・・・

そして、窓に映る私ともう一人の影・・・

「あれ?」

今、窓に映った影、私一人だった?
何が何だか解らない。次の民家の前を通る。

「やっぱり、誰も居ない!!」

ふっと、体中の緊張が解ける。

良かった。助かった。

しかし、追いつかれていたら
私はどうなっていたのだろう・・・

いや、考えるのは止そう。

それより喉が渇いた。

全力で自転車を漕ぎ、
極度の恐怖と緊張を体験した私は
喉がカラカラになっているのに気が付いた。

「おっ!!自販機!!」

ジュースを買おうと自転車を止めたときだった・・・

「・・・止まったね・・・」

今まで聞いた事の無い低く、
喉から捻り出すようような声が耳元で聞こえた・・・

この後の事は覚えていない。

恥ずかしながら気絶してしまったようだ。

帰りの遅い私を心配して探しに来た父が、
自販機の前で倒れている私を発見した。

あの不可思議な影の正体も、
その目的も、何故私が助かったのかも解らない。

ただ、私は昔からそう言う物を感じることができたこと。

学校から出る直前、
何気なく皆で怖い話で盛り上がった事。

帰り道の途中に火葬場があること。

これらの要因が重なって起こってしまった
出来事なのだろうか。

 

また明日の19時にお会いしましょう。