<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>水の中の女

数日前に母から聞きだした話をまとめてみた。

 

母親が高校だったときの実体験だけど、
なんか話してるときの目がマジで怖かった。



今から20数年前、
私がまだ高2の頃のことだ。

 

当時私は部活に励んでいて、
その日は梅雨まっただ中。

 

薄暗い夕暮れ時に、
いつものように部活から帰っていた。

 

私はその頃きのせいかそうでないのか
奇怪な体験ばかりしていて、
例えば白い靄がうごめくのを見たり唐
突に寒気を感じたりする程度だったけど、
かなり薄気味悪く感じていた。

私が住んでいたのは田舎だった。

駅まで続く道は、
広く荒涼としたたんぼを突っ切る水溜まりだらけの一本道だ。

雨上がりでぐちょぐちょのなか
私は一人で歩いていた。

ふと私がその水溜まりに目をやった。

ひときわ大きな、テーブルみたいな池に。

すると、水の中に、そいつはいた。

水の中に、
白い着物の女の人がくっきりと映っていて、
じっとこちらを凝視して何か言っていた。

無論、周囲の様子はおろか
自分の顔すらも映らないような水深なのに。

私は死ぬほどびっくりして硬直して、
目が離せなくなった。

水溜りに映ってる時点でアレだけど、
なんか絶対人間じゃない!と思った。

顔の色が何かかなり変な色だったし(土気色?)
形は人だけど出してるオーラがなんか別のモノぽくて、
ものすごい鳥肌が立った。

女は髪をバサバサ振り乱して
必死に何かを訴えていた。

だがなぜかまったく聞こえない。

目を限界までカッ!と見開いてて、
口の動きはパクパクするのを三倍速にした感じ(伝わるかな…)

その必死の形相に戦慄して、
私はダッシュして逃げ出し、
ガクブルしながら家に帰った。

とりあえず家族には何も言わずに、
なんだか分からないけど
さっさと忘れようと思い早めに寝た。

すると、意に反して
夢の中にそいつが出てきたのだ。

夢のなかで、
あの女はまた髪を振り乱し
今度は両手も振り回しながら何か言っていた。

さっきと違って
もっと強く怒鳴っているようだった。

しかも、水溜まりの時は気づかなかったが、
女は墓地を背にして立っていた。

怖い。

私は無言で怒鳴る女に、

「何言ってるかわかんない」
「きこえないきこえない」

と何度も訴えたが、
私の声も相手に聞こえてないようだった。

今書いたら滑稽だが、
実際に体験した身からするとめちゃめちゃ怖くて、
私は半泣きだった。

不毛な問答を繰り返して、
めちゃめちゃうなされて
朝になって目が覚めた。

私は全身汗だくで肩で息をしながら跳ね起き、
さっきのが夢だと分かって安心する。

「夢かー…」

とか言いつつ
とりあえず暑いので着替えようと布団から出て、
ふと自分の足を見た。

すると、
右足の内側らへんに、
何か書いてあるのが見えた。

血文字で。

あの女の、目の血走った顔が脳裏をよぎった。

字は、達筆というか、
やたらウネウネした、
墓にある卒塔婆みたいな感じで書いてあった。

が、うねりすぎて読めない。

というか怖い。

誰の血なのか。

私は出血なんかしていない。

叫びそうだった。

半狂乱でそのへんにあったティッシュを引っつかんで
濡らして思いっきり擦った。

なかなか取れなかった。

もうコイツは駄目だ、
伝わらないと諦められたのだろう。

それきり、女は二度と私の前に姿を現さなかった。

今思えば、あの血文字の内容こそ、
言いたかったことだろうから、
写真とか撮っておいたら良かった。

それから、
もし女の声が私に聞こえていたら、
と思うと、気が気でない。

あの延々と怒鳴る声が聞こえていたら、
怖すぎてショック死してたな、多分。

20数年経った今でも鮮明に覚えている。

あの女はもう出て来なかったが、
ずっと私の中に、奥の方に住み着いている。

じーっと頭の中で息を潜めているような気がするのだ。


おわり


去年くらいに母親に幽霊みたことある?って聞いて、
あるけど言わないって言われて気になってて、
かなりがんばって最近聞き出した。

なんで話してくれなかったのかって聞いたら、
一言、「話したら来る」って。

そのときの目が怖かった…
 
また明日の19時にお会いしましょう。