<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>開いていた戸袋

私が小学五年生の時の話。

 

ある5階建ての団地の4階に住んでいました。

 

私は三人兄弟の二番目で寝るときは
2段ベッドの上(下に妹、床に兄)に寝ていました。

 

部屋が狭いので
ベッドに寝て横を向くと窓がすぐ見えます。

 

ある日の夜中、
ふと目が覚めて横を向くと
窓と反対側にある押し入れの戸袋が開いていました。

 

「寝るときは閉まってたはず…」

と思いながらよく見ると
モンチッチ(さるの人形?)が
こちらを向いて横になっていました。

それは妹(小3)が以前遊んでいたものでした。

「眼を開けてコッチ見てて気味悪いなぁ」

そう思い背中を向け布団を被りました。

しばらくして気になってもう一度見てみました。

「座ってる!!さっきは横になってたはず!」

足からゾワゾワと鳥肌が立つのを感じたと同時に
背を向けました。

背を向けるとカーテンが少し開いていました。

怖かったので閉めようと手を伸ばしたとき窓の外を見ると
外にある柵を掴んで入って来る(登っている?)女性がいました。

ベッドから飛び降り
両親が寝ている部屋に行くと
布団に潜り震えました。

今でも少し開いている戸袋やカーテンが怖いです。
 
また明日の19時にお会いしましょう。