<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>傘をさす女

私が今まで体験したこと。

 

中学生になって少し経った梅雨の時期。

 

2階の寝室にあるお母さんのベットで
ひとりで昼寝をしていたら、
初めて金縛りにあいました。

 

しばらくして、
体が動くようになって
声が出るようになりました。

 

が、頭が痛くなり、
くらくらして体が重くて
動く気もしませんでした。

 

それが落ち着き、
怖くなったので
奥の部屋に居る兄の元へ行こうと思いました。

その時、ふと窓から外を見ると、
傘をさす女の人が見えました。

私の家は田舎なので、
雨が降っていようとなかろうと歩く人は少ないのに。

雨の中外にいるなんて…と思いました。

そして様子が変。

動きません。

透明のビニール傘をさしていて、
顔は影や髪におおわれて見えませんでした。

黒髪で長く、
ぺっとりとしていました(濡れてた?)

服は白のワンピース。

ほん怖で見るような…

あるあるすぎて笑えるくらい
(恐怖で笑いどころじゃなかったけど)

兄にも見てもらうと、

「何も無いじゃん(笑)」

私だけに見えるの…!?

とかそういうありきたりな話ではなく
兄も見えて、ふたりで怖がっていました。

母が帰ってくるときにはもう居ませんでしたが…。

それから、別の日にベランダから同じところを見たら
透明のビニール傘だけぽつんと置いてありました。

最近は洗面所などで白い不気味な影を見かけます。
 
また明日の19時にお会いしましょう。