<最怖>この世で最も怖い話まとめ

この世で最も怖い話をまとめています。毎日19時20時21時に1話づつ投稿。あなたを恐怖のどん底に落し入れます。朗読もはじめましたのでそちらもどうぞ。

MENU

<最怖>返して

ある時期深夜頻繁に
窓の外から聞こえる

「返して、○○君を返して」

って女性の声で起こされてた。

声がするのは
夜中の1~3時過ぎくらい、
週に1~4回程。

時に大きく、
時には普通に外の道で誰かが会話してる程度の声で。

自分は余程熟睡してない限り
ある程度の物音や人の気配で目が覚めるから、
二週間もした頃にはすっかり寝不足で
体調すら崩し始めてた。

ベッドのすぐ脇に家の側面部の窓があるから、
そこから聞こえるのかと思い
声がする度に見たけど誰も見えない。

家の斜め向かいに
ちょっと頭のおかしい男性の一家が住んでて、
二回程その男性がうるさい!と怒鳴ってたから
幻聴ではない。

おかしな人もいるなと思いつつ
本格的に参って来た頃、
友人とカラオケに行き
久々の深夜帰宅になった。

自宅は大通りから一本裏路地へ入り
更に小道へ曲がったすぐ先にあるんだけど、
家の回りを女性がうろうろしてたのが
角を曲がってすぐに見えた。

女性は小脇に抱えた箱と
B5かA4ぐらいのサイズの何かの紙の束を持って、
相変わらず返して返しての繰り返し。

寝不足の件もあったし怖いしで、
一旦数十メートルぐらい引き返して
声を潜めつつ110番。

来た二人組の警官に職質の名目で
大声で喚きながら連行され、
私は通報がバレて逆恨みされるとマズイからって、
連行後に他の警官が
今こっちで預かってるから安心してね
って連絡をくれた。

で、怖いのがここから。

連行された後に
私が帰宅した時点で2時過ぎくらい。

連絡貰って5分と経たないうちに、
また外から
返して返して!○○君を返してよー!
って聞こえるんだ。

最初は聞き慣れ過ぎて幻聴かと思ったけど、
声がして数分後に
玄関のドアがドンドンドンドン叩かれ始めた。

玄関から離れてまた通報したけど、
来た警官曰く
今度は周辺に誰もいなくて、
深夜に付近を見回りしますと言って警官は帰った。

そのまた10分したかしないかの内に
返してよー返してよー
ってさっきよりかなり大きな声が響いたけど、
何度も通報して逆におかしな奴と思われるのも嫌だったから
布団被ってるうちにいつの間にか寝てたみたい。

翌朝念のため警察に連絡して拘留時間を聞いたら、
連れてかれた時もボサボサ頭に隈が出来た目元に爛々とした目で暴れて
ヤバそうな雰囲気は充分だったけど
(街灯とパトカーの灯りで見えたのを遠目に捉えた程度でも異常だった)、
朝方5時近くまで返せ返せあの女がと暴れてたから
警察署に留めてたらしい。

つまり確実に、
その後喚いてたのはあの女性じゃないって事になる。

でも声も似てたし、
多少間延びした様な言い方もそっくりだった。

で、朝から待ち合わせがあったんで
恐る恐る玄関出たら、
ドアの下の方に強く蹴ったみたいな
泥のついた痕がかなり大量についてた。

約束があったし
写真だけ取って出掛け、
一応夕方様子見に来た警官に現場を見せたけど
連日の声を聞いて
模倣した別の不審者の可能性があると言われた。

その日は一日遊んだ友人宅に泊めて貰い
深夜には自宅と
その女性の家の周辺の見回りをして貰った。

その翌日からは返しての声はない。

ただ一度、
三日後ぐらいに固定電話へ非通知で、
ぼそぼそと聞き取れない声で
何かを呟く女性っぽい相手からの着信はあった。

うちは電話帳に番号を載せてないし
非通知は普段絶対に取らないんだけど、
泊まりに来てた姪が取ってしまって、
それまで無言だったらしいのが
私に代わった途端呟き始めたみたい。

何を話してたか聞こえなかったのが幸いと思ってるけど、
本人不在の中聞こえた外からの声や
ドアの足跡を考えると今でも怖くなる。

因みに、
女性問題で拗れる様な男性関係は全くありません。

また次の話でお会いしましょう。