<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>赤ん坊の鳴き声

何年前だったかは今はもう覚えていません。

 

でも当時はすごく暑くて、
扇風機つけっぱなしで寝ていたので
夏であることは確かだったと思います。

 

熱帯夜ってやつですね、
暑いと本当眠れなくて…。

 

窓も開けっ放しで、
ただ布団に寝転がって目を瞑っていました。

 

ふと、その日見たホラー番組の映像が頭に流れてきて、

 

「あぁ、何思い出してんだろ自分」

 

なんて思ってました。

 

夏の夜って異様な雰囲気があるじゃないですか。

だからかな、
いつもより余計怖くなっちゃって。

とにかく目を瞑って寝ることに集中したんです。

まぁ、当然意識して寝ようとすれば眠れませんよね。

それでも何も考えないようにして、
ただ扇風機の音に耳を傾けていました。

そしたら突然、
窓の外から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたんです。

(夜泣きかな?)

なんて思いつつ、
窓の外に目を向けました。

だけど窓から見える家は
どこも電気はついていない。

(おかしいな)

なんて思えば、
気づいてしまったんです。

赤ちゃんの声は、
窓の外から聞こえているのではないことに。

なんて言えばいいのでしょうか。

耳元というより、
脳内に響く感じって言えばいいのかな。

とにかく、
窓の外ではなく、
中なんですね。

もっと言ってしまえば、
私にだけ聞こえている。みたいな。

心霊現象ってのにあったことのない私でしたが、
これは危険だとすぐに分かりました。

だって、
赤ちゃんの泣き声が窓の外からではないことに気づいてから、
私の足元に重みがあったんですから。

丁度、赤ちゃんくらいの重みでした。

気づいた時には体も動かない、
扇風機の音も聞こえない。

(あぁ、これはやばいな)

金縛りのように体が動かなくて、
唯一の救いは目を瞑っていたことだけ。

こういう時って

「謝ったらダメ」

って言うじゃないですか。

だからとりあえず
「南無阿弥陀仏」
って繰り返し唱えました。

まぁ心の中でですが。

すると赤ちゃんらしき重みが、
徐々に顔の方へと上がってきたんです。

その時私は仰向けになっていたので、
本当、上がってくるラインが一直線です。

顔まできたらどうしようとか、
いつになったら消えるんだろとか、
とにかく混乱しちゃって。
それでもひたすら「南無阿弥陀仏」って
繰り返し唱えました。

すると赤ちゃんらしき重みが、
お腹の部分でピタリと止まりました。

(あぁ、やっと消えるのか)

そう思って、
少し冷静になった時です。

ドンドン!ドンドン!

そんな効果音でも聞こえそうなくらい、
力強くお腹が叩かれ始めました。

もちろん赤ちゃんが出せる力ではないのです。

本当、遠慮なしに
お腹を何度も何度も殴られる感じです。

直接触れてはいないのに、
痛みだけがあるような、
そんな感じでした。

少しでも冷静になったのは本当に一瞬で、
お腹を叩かれ始めてから恐怖で混乱しちゃって。

とにかくどうしたらいいのか分からなくて。
それでもお腹を叩く行為は続きました。

しばらくすると、
赤ちゃんの泣き声が
徐々に大きくなっていたことに気づきました。

お腹を叩く強さに比例して、
泣き声も大きくなっていくのです。

もう本当どうしたらいいのか分からなくて、
ただただ

「私は何もできないの!早く消えて!」

って何度も何度も思いました。

どれくらいそれが続いたのでしょうか…。

もうその時は必死で、
ただこれが早く終わることを願い続けました。

すると、それが届いたのでしょうか。

赤ちゃんの重み、泣き声、お腹を叩く行為、
全てが一瞬で消えたのです。

呆然としていると、
聞きなれた扇風機の音と、
窓の外からは自然の音。

とりあえず現実かと
頬をつねったのもいい思い出です。

後日、友人にこの話をしました。

誰かに聞いて貰いたかったってのもあったと思います。

すると友人が真剣な顔で、

「アンタの家族でさ、
誰か子供流してたり、おろしてたりしてない?」

なんて、言ってきました。

はっきり言って、驚きました。

友人には言っていませんでしたが、
私の親と姉が子供を流す&おろすの経験があったのです。

もちろん、
親も姉もその時はすごく悲しんだらしいです。

「何で知ってるの?」

「いや、知ってるって言うか…
多分その水子だと思うよ」

それを聞いたとき、
「怖い」なんて思った自分を悔やみました。

きっと勝手な都合で生むことを余儀なくされた赤ちゃんが、
遊び(?)に来たのでしょう。

それを、私は怖いなんて思ったのです。

「きっと寂しかったんだろうね。
生んで貰えなかったことがさ」

「うん…、そうだね」

友人がそう言った言葉に、
私は素直に頷きました。

だけど、
友人はこう言葉を続けたのです。

「それか、アンタに生んで貰おうと、中に入りたかったんじゃない?」
 
また明日の19時にお会いしましょう。