<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>ぶよぶよ

小学5年生の夏休みに家族で川に遊びに行った。

 

その時はとくに何もなかった。

 

BBQをしたり川に飛び込んだり
年の近いいとこたちもいたので
くたくたになるまで遊んだ。

 

その日の夜、
なんだか寝苦しくて
なかなか寝付けずにいた。

 

今までは姉と二人部屋だったが
姉も中学生ということで
春から一人部屋になっていた。

 

霊感なんかまったくなかったが
その日はなんだか嫌な感じがずっとしてて
暑かったが頭までタオルケットをかぶっていた。

 

寝たり起きたり
なかなかちゃんと寝付けずにいた。

その当時夜中の2時にちょうど目を覚ますと
目の前に幽霊がいるという姉の作り話を本気で信じていたので
起きていても目をあけないようにしていた。

くたくたなはずなのに寝付けない。

泳いでいたので
体がふわふわしていて気持ち悪い。

そのとき耳鳴りがひどくしたと思ったら
体が重くて動かなかった。

金縛りという奴に初めてなった。

目は開けられなかった。

耳鳴りはさらに大きくなって
なんだかうめき声にも聞こえて冷や汗が出た。

ずっと目を閉じていると
金縛りはとけた。

どれくらいかはわからないけど
緊張状態が続いていたので
疲れて眠りに落ちそうになったとき
左の足首にぶよぶよしたものが絡まっている。

目は開けてない

けど絡まってるというより
足首をつかんでいる感じがした。

ずっずっと引っ張られる感じがして声を上げた。

うまく声がでなくて
ひうわっあああみたいな変な声が出た。

その時思わず目を開けてしまった。

田舎だし暑いので網戸のまま寝ていたので
すでに辺りが白み始めているのが見えた。

そして足元を見た。

白い手みたいな影みたいなのが見えたけど
すぐ消えた。

今考えたら
ただ寝ぼけていたのかもしれないけど
あのぶよぶよした感じが足首に生々しく残っていた。

声を聞いて
朝ごはんの準備をしていた母が様子を見に来た。

真っ青な顔を見てびっくりしていた。

一部始終話しても
怖い夢を見たのねうふふみたいな感じで受け流された。

足首に手形が残っていたなんてことはなかったが
それ以来左足ばかりけがしている気がする。

最近足首に赤黒いあざみたいなのができて
この事を思い出して
昔行った川について調べたら
行く5年前に洪水で村の集落がひとつ流されていたことを知った。

お祓いに行くべきか悩んでいる。
 
また明日の19時にお会いしましょう。