<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>出る仮眠室

大学生の頃、
とある複合施設で警備員のバイトをやった。

守秘義務があるので名称は書けないが、
そこで夜間働く者は
ほぼ全員「出る」ことを知っていた。

「出る」場所は警備員の仮眠室。

当時のシフトでは深夜三人勤務で
10時から1時、
1時から4時、
4時から7時までの仮眠時間があったが、
1時から4時の時間帯に「出る」と言われていた。

夜間のバイトを始めてすぐ、
福隊長で元警官のNさんにそのことを説明された。

「自分には見えないが、
人によっては見えるらしい。
一度御祓いをやったそうだが、
人に害を与えるものじゃないそうだ。
施設内はたまに不審者が入ってくるが、
幽霊みたいなものよりそっちの方が怖いぞ」

とのことだった。

1時から4時に「出る」と教えてくれたのは、
ビル管理会社の社員だった。

「仮眠室が嫌だったら地下の機械室で休めばいい。
霊感が強い人はみんなそうしてたよ。
前の警備会社がそのことで揉めて、
夜間は機械室を使うようになったから。
まあ音が煩いのと、
空気が悪いのを我慢すれば夏以外は過ごせるかな」

と、
もう諦めろという感じの口調だった。

自分は霊感が全くないので
「多分平気です」と答えたが、
初日から仮眠室の様子は変だった。

まず物音が多すぎる。

誰かが自分の存在をアピールしているような感じ。

それを無視してテレビを見ていると、
勝手にチャンネルが変わったりする。

部屋の明かりをつけっぱなしで横になると、
畳の上を誰かが歩くような音が聞こえる。

福隊長に言わせると

「慣れればどうってことない」

とのことだったが、
バイトして二ヶ月、一度も仮眠はできなかった。

シフトで一緒になるバイトの噂によると、
仮眠室に出るのは「女か子供の霊」らしかった。

うとうとしかけて金縛りに遭い、
その時に姿が見えたり声が聞こえると皆口にしたが、
こちらは一度も金縛りの経験がなく、
それがどんな状態なのか想像もできなかった。

親しくなった社員のOさんによれば

「体は眠っているのに、
脳だけが起きてしまう睡眠障害の一つ」

らしかったが、
それでパニックを起こすと
幻覚や幻聴を体験するとのことだった。

それでも

「金縛りに遭った人が全員女と子供の姿を見た」

ことの説明にはならないと反論する人もいて、
そういう連中はほぼ「機械室休憩派」だった。

仮眠室を使うのは福隊長と自分、
福隊長補佐のOさんのみ。

夏休みで半月間連続勤務することになったある日、
Oさんから自分も金縛りに遭い「子供」の霊を見た。

その子供が耳元で「何か」呟くが、
その声を聞いてはいけないと言われた。

いったい何を呟いたのか訊ねると、

「それが幻聴なんだよ。
なぜ子供が幽霊になったか、
自分が無意識に作り上げたストーリーを聞いているようなもんだ。
そういうのを信じると、幻聴だけでは済まなくなるぞ」

と言われた。

そして本部(本社)からも、
連続勤務して大丈夫か?
これまで誰も経験したことないが、
という問い合わせが福隊長にあったそうだ。

「仮眠室では寝ないし、
枕が変わると眠れないっす。
ずっとテレビ見てれば、
変な物音も気にならないっす」

と返答した。

そしてお盆休みに入る前日、
二週間が何事もなく過ぎていた。

ただ、夏休みに帰省した友人と連日昼間遊び、
その日はあきらかに睡眠不足だった。

勤務中に睡魔に襲われ、
何度も顔を洗ったりしたが、
いよいよ1時の休憩時間になった。

機械室で仮眠を取ろうと思ったが、
その夜はボイラーの修理作業で使えなかった。

「一度くらい金縛りも経験しとくか」

仮眠室の畳の上に大の字になった時、
幽霊の怖さよりも、
睡眠の欲求が勝っていたと思う。

子供の声で目覚めた時、
指先すら動かせなかった。

仰向けになったまま、
姿に見えない子供の声が耳元で大きくなっていく。

「助けて、助けて」

最初はそう囁いていたが、
相手の方へ顔を向けようとして、
徐々にその声が泣き声から叫び声に変っていった。

「怖いよおおおおおー、助けてええええええー」

鼓膜が破れんばかりの絶叫で
気を失いそうになりながらも、
必死に体を動かそうともがいていると、
すっとその声が消えた。

首が動いたと思った瞬間、
寝ている自分の横でドサッと音がして、
薄目を開けた女性の顔が目に入った。

驚きのあまり悲鳴を漏らすと、
ふいに体の自由が戻った。

部屋の電気は煌々とついていたし、
週刊誌やテレビのリモコンも目に入った。

壁の時計を見ると二時四十分。

自分でもよく分からないが、
すぐにテレビをつけようと思った。

枕もとのリモコンに手を伸ばしたが、
黒いプラスチックの感触がなかった。

おかしい、おかしい、おかしい、おかしい、
再び鼓動が速まり、
突然目の前が真っ暗になった。

そこで初めて金縛りが解けていないことに気づくと
今度は足元から荒い呼吸音のようなものが聞こえてきた。

来るな、来るな、来るな、
そう必死に念じながら、
この場所で女と子供が殺されたんだと閃いた。

じゃあ、誰が殺したんだ?

そう思った瞬間、
男の激しい吐息が聞こえてきた。

それもまた近づいてくる。

逃れようとして必死に体を動かそうとすると、
まるで押さえ込まれるかのように、
胸が激しく圧迫され、呼吸ができなくなった。

おそらくそれで気を失ったのだろう。

その後、Oさんの声で目が覚めた。

体を起こそうとして、
胸の辺りに鈍い痛みが走った。

思わず顔をしかめると、
Oさんは何かを知っているような口ぶりで話しかけた。

「肋骨の圧迫骨折か。
ちょっとヒビが入った程度だけど、
ここではもう働けないな。
まあご苦労様だったね。
シップすれば一月で痛みはなくなるよ」

結局なぜその仮眠室に幽霊が出るかは分からなかった。

ただ、その施設が建てられる前、
そこに住宅があったということは確からしい。

また明日の夜にお会いしましょう。