<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>願掛け

俺が高校生で大学受験中だった頃の話。

俺は志望大学受けて、
後は神頼みってことで地元の神社に行った。

学校から友達と二人でチャリで行った。

チャリ押してる時に
よく足にペダルが絡まるのが気になっていたが
気にせず神社へ向かった。

いつもペダルなんてめったに当たらないんだがな。

俺等は神社についてさっそくおさい銭入れて合格祈願した。

「さて、帰るか」

ってチャリを砂利道から道路に押したら
またペダルが当たる当たるほんとよく当たる。

俺は膝裏が若干痛くなってきてイライラした。

神社の敷地からでて、
大きな道路に出た。

友達より先に交差点まできた俺は、
青になるとすぐに交差点を渡ろうとした。

念のためしっかり右左は確認した。

自分から見て
右側から曲がってくる車があるかもしれないから
しっかり右側を通る車のライトも確認した。

友達に追いつかれる前に渡ろうと
ペダルをおもいっきり踏んだら
右側から俺目掛けてトラックが突っ込んできた。

その時は死を覚悟したよ。

振り向いたら
目の前にトラック突っ込んで来るんだもん。

ぶつかった瞬間眼鏡が吹っ飛んだ。

チャリはねじ曲がった。

俺は無事だった。

っていうかほぼ無傷。

眼鏡は衝撃で飛んだんだろうな。

後々知ったんだが
その神社は必勝祈願とか勝負事を願うものを蹴落とす所らしい。

神社についてなんて全く知らなかった俺も俺だけど、
これは表にだしちゃいけない話だったらしい。

今では地元でも消え去りそうな話だそうだ。

そん時チャリは使えなくなったけど、
修理してもらって今でも使ってる。

こんだけボロボロになったのに
乗ってた人が無事なんて考えられないって言われたわ。

普段と違う違和感感じたら危ないかもしれないね。

また明日の夜にお会いしましょう。