<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>一人夜釣り

友人から聞いた話を投稿します。

友人はバス釣りをしているのですが、
夜の方が魚の警戒心が薄れ、
大物が釣れやすいという話を聞き、
夜釣りに出かけたそうです。

彼が向かった釣り場は山の中にある池で、
彼の家から車で40分ほどの
人に知られていない穴場ということでした。

準備をして深夜1時ごろに家を出発し
お気に入りの音楽を聴きながら
山道をどんどん登っていきました。

山道に差し掛かったとき時、
突然キーンという耳鳴りが起こり、
続いて軽い頭痛を感じたそうです。

山に来たからかな?と思い
さして気にせずそのまま、
野池に向かいました。

薄暗い月の光に照らされた池はものすごい雰囲気で、
何か凄いものが潜んでいるようでした。

しかしいざ釣り始めると
竿先にこつんこつんとアタリはあるのですが
中々釣れなかったらしいです。

時折、ボチャン、バシャンという音が聞こえるので
魚はいるはずだと彼は思い粘りました。

1時間ほどした時、
巻いていた糸が急に重くなり巻けなくなりました。

どうやら根がかりしてしまったようです。

結構高いルアーだったので
惜しいと思った彼はいろいろな方法を試してみましたが、
どうなっているんだと思ってライトを向けてみたら
水面から顔を半分ほど出した女がこちらを見ていました。

その顔は両目が無く真っ黒な二つの穴が
こちらをじっと見ていて、
ぬれた髪がぴたっと頭についていたそうです。

ライトをそらすこともできず
あまりの恐怖にその場に座り込んでしまった彼は
しばらくその異様な光景を眺めていました。

そしてボチャン、という音をたて
その女は水の中に消えました。

もはや釣りどころではない彼は
急いで竿を持ち、糸を切って逃げ出しました。

車に乗り込み、
自分は何も見ていないと言い聞かせ
山道を下っていきます。

最初に耳鳴りと軽い頭痛を感じた場所に来たとき
ボンネットにドンという衝撃があり、
彼は急ブレーキをしました。

しかし何かにぶつかった形跡がありません。

そしてミラーを確認すると、
そこに彼女はいました。

ミラー越しにこちらを見ている女は笑っていました。

先ほど見えなかった口をゆがめて笑っていたそうです。

彼は悲鳴をあげ、
その場から急いで去りました。

今から家に一人で帰る勇気は無く、
近くにあった漫喫で朝を迎えました。

彼が家に帰ると部屋の前に、
あの時無くしたルアーが落ちていたそうです。

こんなところまでついてきている・・・

大変なことになったと感じた彼は
あの日と同じように準備をし、
知り合いに紹介してもらった住職に
御祓いをしてもらいに行きました。

住職に事の顛末を説明し、
彼は御祓いを受けました。

住職が言うには、
人ならざるものは水辺に集まりやすく、
山はその力が強まりやすいのだそうです。

連れてきてしまった女はとても強く
完全に払うことは難しいそうで、
相手が山へ帰るのを待つということでした。

街に下りてきて獲物が見つからなければ
徐々に力が弱まってゆき、
回復のため山に戻るということでした。

それまでできるだけその女と関わらず、
見えても気づかない振りをしなさいと言われました。

お札を5枚もらい、
釣具や車も御祓いをしてもらい
彼は家路に着きました。

それから、その女は
頻繁に姿を現したそうです。

人ごみの中にいたり、
物陰からこちらを伺っていたり、
車に手形がついていたり。

しかし月日がたつにつれ、
その数も減っていったそうです。

完全に見えなくなったころ
玄関に貼っていたお札もぼろぼろになっていました。

それから彼はバス釣りを止め、
夜釣りには行かなくなりました。

今でも時々テレビを見ていて、
行方不明者や身元不明の遺体が山で発見されたというニュースをみると、
画面の端にあの女が見える気がするそうです。

また明日の夜にお会いしましょう。