<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>ほんのいたずら

バスに乗ったら程なく満員になり、
二人がけの席のオレの隣に
小綺麗な格好のおばさんが座った。

バスは進み、
しばらくたったあとでふと窓の外を見て、視線を戻すと、
隣のおばさんが消えていた。

バスは停車してないし、
車内にもいない。

驚いていたその時、耳元で

びっくりした?
ごめんね。ふふふ。

と聴こえた。

それだけ。

物凄く怖くて、鳥肌たった。

バスにはとても乗ってられず、
すぐ降りた。

また明日の夜にお会いしましょう。