<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>事前配布書

普段郵便受けにはピザの広告とか
地域新聞、ガス・水道・電気代の請求書ぐらいしか入れられてないのに
「事前配布書」ってのがピザの広告と一緒にあった。

普通にしっかりした作りの紙の袋に

「事前記載確認用配布書 〇〇〇〇樣」

とあり、
そういえば電気代先月分払ってなかったから
督促状でも来たかなと思ったけど、
電力会社名なんて書かれてないし。

結局その時はすぐ学校行かないと遅刻しそうで、
玄関近くの洗濯機の上にとりあえず置いといて家を出た。

で、家帰ってきて今朝の紙が最初に目に付いたので、
それで思い出して側の袋破って中身見てみると、
同梱された紙にも

「事前記載確認用配布書 〇〇〇〇樣 ◯月□日」

ってある。

そもそも事前ってなんの事かよくわからなかったので、
ちょっと重要な書類か何かかと思ったんだけど、
その紙のあまりに容量のないこと。

3×4の表に3桁単位でなんか数字が入ってるのと、
定型文みたいなのの最期に

「お客様でご確認頂き、
記載漏れなどの場合はお手数ですが
ご連絡のほどお願いします」

って書いてあるだけの簡素なピンクっぽい紙。

しかも社名も登場しないし、
連絡先の番号掛けてみても繋がらんし、
表の読み方の説明もないしで
ピザの広告と一緒に物置化したベッドの上(ローソファで寝てる)に
ぽいって放ったらかしにしちゃった。

たぶん重要な書類なら再発行でまた届くと思った。

けど一ヶ月しても音沙汰ないから
なんだったんだろってまた気になり始めて、
ベッドの上ガサゴソ探して
あの紙を発掘したんで
もっかい目を通したんだ。

すると、なんか違和を覚えて、
こないだの表の先頭の数字は
確か4〇〇だったかで4で始まっていたのだけれど、
696になってた。

合計を表してるのかと思われる表の下の数字も
なんとなく変わってる気がして、
するとピンクっぽかった紙自体の色も
なんか青っぽく変色してる。

それ以外は
特にめぼしい異変に気が付かなかったんだけど。

何か怖くなって事前配布書は捨てた。

事前ってのと記載数字の意味が今でもわからない。

また明日の夜にお会いしましょう