<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>奇妙な動物

岡山県の某山にキャンプへ行ったときの話。

俺を含めて男だけの5人グループで、
昼間は気楽にバーベキューとかして遊んでたんだけど、
夜になって妙なことが起きた。

夜中の八時頃、
外で俺たちが集まってたら、
茂みから動物の唸り声みたいなのが聞こえてきた。

はじめは熊か野犬かと思って驚いたんだけど、
仲間の一人が懐中電灯当てたら、
どうも人間の顔らしき物が見えたらしい。

それを聞いた俺たちは、
てっきり誰かの悪戯だと思って、
「出て来い」とか調子に乗って声をかけた。

そうしたら次の瞬間、
人間の顔にカモシカみたいな胴体をした
奇妙な動物が飛び出してきた。

その時の俺たちは全身タイツで、
手元にあるのも、おまるとかマジックハンドとか、
武器にならないようなものばかりだったから、
ただ慌てふためいてることしかできなかった。

そうこうしてる内に、
その動物は顔を奇妙に歪めながら、
茂みの方に歩いてまた消えてしまった。

あの動物が何だったのか、
妖怪とか未確認生物の類だったのか、
今でも分からない。

また明日の19時にお会いしましょう。