<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>空気が違う

派遣社員だった俺は
山形県にある工場で働くことになった

クリーンルームの中で部品の交換をする仕事なんだが
半年ぐらい経ってから
新しい製造ラインの立ち上げに参加するように言われて
今まで働いてた部署とはちょっと離れた所に作られた
その新ラインで作業をすることに

しかしどうもこのラインは他と空気が違う

工場の外れの方にあるので
人通りが少ないというのもあるんだけど、
何か空気が重い

照明も、明るいはずなのに
何か明るさを感じられない

一言で言えば
「嫌な感じ」のする場所だった

そんなこんなでラインは立ち上がったのだが、
機材の故障が多く、動いている時間よりも
止まっている時間が長いという日がしばらく続いた

ラインが止まっている時は特にすることもないので、
掃除をしたりして適当に時間を潰すんだけど
ある時、同僚がある機材の目立たない場所に
お札が貼ってあるのを見つけた

小さいお札で、
何て書いてあるかまでは見なかったけど、
その時は

「こええw
ここ祟られてるから故障が多いんじゃねえのw」

という笑い話で終わった

そんなある日、
他の部署で人が足りなくなったとかで
応援に何人か行った結果

俺と先輩の2人だけでラインを見なければいけなくなってしまった

常に誰かいなくてはいけないので、
休みも交代で取ることになっていて
今回は先輩が先に休憩に行くことになった

先輩が休憩に行った後、
広いラインの中を俺1人で機材を見て回っていたんだが
例のお札が貼ってある機材の近くにある他の機材の検査していたら、
突然空気が変わった

俺はクリーンスーツにヘアネット、
ゴム靴ゴム手の完全装備

何もしなくても暑い環境なのだが、
冷や汗が出て体が震えだす程寒くてたまらなくなった

そして、俺の背後に何かがいるという気配と
その「何か」の視線が痛いほどに感じられた

俺の後ろの壁とは3mぐらいの距離しかない。

当然ながら、出入りする場所もない。

そもそもこのラインには俺しかいない。

その時、視界の隅に赤いものがチラっと見えた。

背後の壁はクリーム色をしていて
赤い色などあるはずがないのに
なので俺は「えっ?」と思って思わず見てしまった

といっても首が僅かに動かせただけなのだが、
赤い子供ぐらいの大きさの「何か」が
そこにいるのだけは分かった

もう俺はパニック状態。

でも体が動かず、
寒さと恐怖で気絶しそうだった

先輩の休憩時間は1時間ちょっとだったと思うが、
数時間にも感じられ
やっと先輩が休憩から帰ってきてラインに入ってきた瞬間、
寒さは消え去り体も動かせるようになった

俺は先輩との引継ぎもそこそこに、
そのラインから逃げ出した

その後しばらくして俺はその工場を辞めた

幸いにも辞めるまでそのラインで1人作業をする機会はなかったが
今でもあの時見た「何か」は何だったのか気になっている

また1時間後にお会いしましょう。