<最怖>この世で最も怖い話まとめ

この世で最も怖い話をまとめています。毎日19時20時21時に1話づつ投稿。あなたを恐怖のどん底に落し入れます。朗読もはじめましたのでそちらもどうぞ。

MENU

<最怖>おじさん

俺が中学生のころの話だ。

俺が住んでる町には昔から
‘おじさん‘と呼ばれてる
中年のおじさんがいる。

いつごろからいるのか、
母親に聞いてみたこともあるが知らないという。

俺が‘おじさん‘という名称と
その姿を初めて見たのは小学校3年生ぐらいの時で、
同級生と下校中に見た。

おじさんはいつもコンビニのビニール袋を片手に持ち、
にこにこしているおじさんで
近所の小学生が「おじさ~ん」と呼ぶと、
「はい、おかえり」と笑って答える。

いい人と同級生の間では人気(?)だったが
親達はあることないこと噂していた。

どっかの国の元傭兵とか、
どっかの金持ちの御嬢さんを昔誘拐した犯人だとか
根拠のないような話ばかりだった。

露骨な人は、まあ書きにくいんだが
「あの人は頭に障害のある人」なんていう人もいた。

そういう大人がたくさんいた。

で、話の本題。

俺が中学生の時、
ものすごい学力が落ちたんだ。

毎日のように友達と遊んでて
テスト前も遊んでたから当たり前なんだけどな。

俺は親に

「チャ○ンジなら絶対やる!」

と言ったんだが
それまでに4回やめていたので親は信じずに、
すぐに俺を塾に放り込んだ。

どの塾もそうなのかは知らないが
俺の塾は夜10時まではざらだった。

で、成績が悪く
いつまでたっても帰れないやつがいた。

俺だ。

他の友達が帰っていくのを横目で見ながら

「やっべえ・・・」

と思っていたんだが
まだ中学生だったため
10時半に先生に帰るように言われた。
(ちなみに先生は半分切れてたwww)

俺は、俺の自転車だけになった駐輪所を見て、
もう皆はとっくの昔に帰って自由なことしてんだよなー
なんてことを考えながら
自転車を出してこぎ始めた。

俺が少し自転車をこいでいると
塾からあまり離れていないところに例のおじさんがいた。

俺は何度かおじさんと話したことがあったので
(話したといっても俺「ただいま」→おじさん「おかえり」くらいだけどな)
自転車でおじさんに近寄って行った。

「おじさん」と俺が話しかけると、
おじさんはこちらに振り返った。

コンビニのビニール袋を手にぶら下げている。

おじさんは
「ああ、おかえり」と言ってこちらに笑いかけた。

俺は「何してんの?」と言って
おじさんの横まで自転車で移動して聞いてみたのだが
おじさんの視線の先を見て凍りついた。

なんて説明していいのかいまだにわからないが
赤くて丸い(丸いといっても完全な球体ではなく、
ぐじゅぐじゅ?といったらいいのか。かろうじで丸く見えるもの)

大きさは学校で使うバレーボールくらいの生物?が
アスファルトの上をナメクジの様に這っていた。

唖然としている俺におじさんが笑いかけながら言った。

俺はその時のおじさんの顔を一生忘れられないと思う。

それほど怖い笑顔だった。

「猫。猫見てるんだ」

俺はそのあと中二なのに大泣きしながら家に帰って
兄にそのことを話したんだが信じてもらえず
更に明日テストだから邪魔と蹴られた。

母親に話してしまったら
また大人の間で噂がひろまってしまい
おじさんが俺になにかしてくるんじゃないかと思ったから話さなかった。

まあ結局次の日、
兄が母にそのことを話しても母は信じず、
今となってはその話は多分兄も母も覚えていないんじゃないか。

こう書いてみるとあまり怖くないが
その時の俺は本当に心臓が止まるかと思った。

体の外から少しずつひやぁーってなるような感じ。

ちなみにおじさんはそれからも見たが
なるべく近寄らないようにした。

あんな体験したんだから当たり前か

今は実家を離れ独り暮らしをしている。

今も‘おじさん‘はあの町に居るんだろうか。

また明日の夜にお会いしましょう。