<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>ラッパの音

短いけど私の体験談を。

小さい頃はよく秘密基地とゆうものに憧れたものだ。だから私も当時一番仲のよかった友人と近くの森の用水路の流れる下あたりに、小さな草原のような空間を見つけ、そこを秘密基地と称していた。

用水路の反対側は、数キロにわたって森が続いているため、そこに足を踏み入れることは、かなりの時間がかかる場所。

私と友人は嬉々として、いろいろ置きました。一番興味のあった火をおこす場所とか作りました。

その日はとても天気がいい昼間でした。

私と友人がいつものように石積みで作った場所に火をつけ、意味もないのにヤカンを載せ沸騰させ遊んでいました。

おままごとだったと思います。

そしたら、用水路の向こう側から、なぜかラッパの音が聞こえてきます。
遠くから、だんだんこっちに向かって。そしてもっとも近づいたであろう時に、音は止まりました。

一瞬、何がなんだかわかんなかった私たちですが、きっと誰かがラッパの練習でもしてるのだろうと思い、気に留めませんでした。

そしたら、いきなり。

ラッパの音が増えて(重奏?)音が大きくなる。草を踏む音。

私と友人はいい加減怖くなり、慌てて火を消し走って逃げました。

しかし、音は消えない。逃げてるはずなのに、音の音量は変わらない。

やっとのことで人通りの多い道路に出たとき、音はなくなっていました。

たいして怖くなくてごめんなさい。

また1時間後にお会いしましょう。