<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>精査

こんな夢を見た。

 

広い長方形の部屋に自分も含め何人も並んでいる。

 

自分も含め
老若男女さまざまな人間が並んでいた。

 

一番前を見ると
そこには牛と馬と鬼を足して二で割ったような化け物が
二匹仁王立ちして人々の列を睨んでいる。

 

列はどんどん進んでいき
その化け物達が自分たちを精査してるんだなというのが
次第に分かってきた。

 

そしてあと二人で精査されるのが自分の番という所で
化け物どもが何をしているのかがはっきりと見えた。

 

自分の前の二人・・・。

一人は中肉中背の強面の男。

もう一人は7歳から9歳までの痩せた女の子。

化け物の前に立っている男を見つめ
その化け物が一言「全部」と言った。

野太くねちっこい声だった。

そうすると
もう一匹の化け物が男の首根っこを掴み
化け物の横にある人間がスポリと入る大きさの穴に
その男を放りこんだ。

すると硬いものと柔らかいものを擦り混ぜるような轟音が響いた。

化け物は次に女の子を見ると一言。

「二つ」

と言った。

そうすると前と同じように
もう一匹の化け物が女の子に近づく。

「またあの穴の中に放り込むのか?」

と思った瞬間
化け物が女の子の両腕を掴み
グイッと力強く引っ張り
両腕とも引きちぎってしまった。

女の子は当然のごとく大声で泣き
そうしてるうちに化け物と俺の目が合った。

そこで夢は覚めたのだが・・・。

それからしばらくたって
ふと数年前のニュースを見ていると
強烈な体験にもかかわらず
忘れていた二つの顔に再び出会った。

あの男と女の子・・・。

男の方は殺人を犯し
逃亡中に自殺した犯罪者。

女の子の方は難病で二か所も移植手術を受けたのだが
一カ月後に死んでしまったかわいそうな子・・・。

あれは何だったんだろうか。

夢で地獄の獄吏に会ったとでもいうのだろうか。

じゃあ男はともかく女の子は・・・
そしてなんで俺がそこにいたのか。
 
また明日の19時にお会いしましょう。