<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>ちがう。。。

三年前、尿管結石でS県の病院に入院した。

入院一日目、昼間安静だったのが、夜になって猛烈に痛み出した。

就寝時間だったので、ナースコールしようと思ったが、なんとか我慢できるような気もした。

石が下がって急に痛みが引くこともある。

そんなんで頑張っていると、大部屋の扉が開いた。

一時間ほど脂汗をかきながら耐えていたが、他の患者の出入りはなかった。

(ナースの見回りに違いない、痛み止めの薬をもらおう)と思っていると、
 
「ちがう」……男がぼそっとつぶやく声がする。

スリッパのスルッスルッという音とともに、ベットを見回っているようだ。

ついたて越しに、また「ちがう」とつぶやいた。

なぜかひどい悪寒と吐き気がした。

ついたての向こうに居る相手に、自分の気配を感ずかれたらやばいと思った。
頭から布団をかぶり、目を閉じてやり過ごした。

新参者ゆえ、その夜のことを同室の人たちに聞けずにいた。

それに六人部屋だったが、全員内科系の疾患で、病状も軽い者ばかりみたいだった。

患者同士親しくなる雰囲気はなかった。

何日かして隣のベットが空き、すぐに中年の男が入院してきた。

ちょっと話をして、男が胃潰瘍の検査入院であることが分かった。

手術の日程が決まれば、すぐにほかの病棟に移動するのだろう。

こちらも石はだいぶ下って、膀胱まできていた。

またぞろ痛みがぶり返している最中だった。
案の定、その夜に疼痛に見舞われた。また就寝時間だ。

あの夜と同じような状況になった。


 「ちがう……」

再び男はやってきた。

(いったい誰だ。何のつもりだ)そう思っていると、こちらにやって来た。

「おまえだ」

耳元ではっきり聞こえた。

ぎょっとして振り向くと、隣のベットの前で、そいつの気配がした。

痛みと恐怖で身動きができなかった。

(死神に違いない)なぜか直感がした。

(隣の男は近いうちに死ぬんだ)

その瞬間、自分でもよく分からないのだが、思い切りカーテンをあけてしまった。

パニックで頭が麻痺していたのかもしれない。

そいつは白い検査用のパジャマを身につけていた。

よぼよぼのじいさんだった。

徘徊老人みたいな感じだ。

こちらが呆然として見つめるなか、ふらふらと部屋を出て行った。

翌朝、排尿とともに石が出た。

午後の診察で、多分退院の運びとなるはずだった。

結局、昨夜の出来事はよく分からないままだった。

老人が深夜の病棟を徘徊すれば、院内で噂になるはずだが、看護婦や患者からもそんな話は聞けなかった。
   
ちょっと病室を見て回ろうかと考えたのは、ただの思いつきだ。

それでも、この出来事に自分なりの決着をつけることができたのは、偶然からだろうか。
 
別の病棟で、あの老人を目撃した。

老人は集中治療室から、ベットごと個室に移されているようだった。

思うに、生命の危機を脱したのだろう。

ほとんど意識はないように見えた。

がりがりに痩せこけていたが、頬だけがピンク色だった。