<最怖>この世で最も怖い話まとめ

この世で最も怖い話をまとめています。毎日19時20時21時に1話づつ投稿。あなたを恐怖のどん底に落し入れます。朗読もはじめましたのでそちらもどうぞ。

MENU

<最怖>夜釣りに現れた女

夜釣りやってたんだけど
普通4、5人はいる堤防で一人だった

やったラッキー、
仕掛けが横に流れても気にしなくていい
と思ってご機嫌で釣ってたんだわ

満月の大潮で
条件的に申し分なかったんだけど
その時は月が丁度真正面に来てた

月が煌々と明るいのだけはいただけない

なぜかわかんないけど魚が食い渋る
と、思っていたら
頻繁に強い当たりが来る

しかし上げてみると魚が乗って来ない

餌もついたままの場合が多い

釣り師は当たりの特徴から
何の魚かを推理するのが好きだが
このパターンは初めてだ

変だな・・・

何度か肩透かしを食らいながらも
めげずに仕掛けを振り込んだ

今度は仕掛けが沈んで
電気浮きがすーっと立つと
すぐ横にポコンと丸いものが浮かんだ

海は正面にある月の光を反射して揺らめいていたので
こちらからはその物体は逆光で真っ黒だった

大きさにしてボーリング球ぐらい

ん?係留用のブイか?

しかしその球体は
すぐにスっと沈んだ

え?スナメリ?

いやスナメリなら止まったりしないし
頭を出したら潮を吹く

アザラシ?

こんな南にいるのかな、
ウなら首がついてるし・・・

その時は何らかの動物が仕掛けに
イタズラしていたのだろうという事で納得した

それ以来ピタリと当たりが止まり、
少し苛立っていた

俺は竿を置いて
座っていたクーラーの小口から
カップ酒を取り出した

風が止まって
海が鏡のように凪いでいる

スルメをモグモグと噛みながら
カップ酒を飲み干した

俺は落ち着きを取り戻し
「ふぅっ」
と息をして気を取り直した

クーラーの上で座ったまま
体を90度捻ってヘッドランプを点け
クーラーの右隣に置いてあった道具箱を空けると
ベタ凪ぎなら辛うじて見える小さい浮きを取り出した

どんな小さな当たりも見逃さない作戦だ

そしておもむろに体を起こしながら
元の体制に戻る目線の軌道上で何か見えた

堤防の際から顔の上半分だけ出して
女がこっちを見てる

俺の体は正中線に
タイソンのパンチを食らったような衝撃が走った

少し濡れた黒く長い髪を真ん中で分けて
鋭い目つきでこちらを見ている

俺との距離約1m

心臓と耳と鼻が連動して拍動するほど驚いた俺だが
悲鳴は上げなかった

女の顔の質感等は普通に人間だった

どれぐらいの間見詰め合っていたかわからないが
段々冷静に見れるようになってきた

こちらを睨みつけてはいるが結構美人だ

俺は声を振り絞った

「myはhにゅあんでゃすきや」

多分そんな感じ、
相変わらず黙ってこちらを見ている女に
もう一度息を整えて言った

「なななんですきゃ」

女はまるで反応しない

俺は強引に釣りを再開する事にした

俺は目を逸らして
体を完全に元の位置に戻すと
震える手で浮きの交換に取り掛かかる

何度もしくじって
最終的にちゃんと結べてたかどうかもわからないが、
一応出来た

女のいるであろう方向を照らさないように気をつけながら
もう一度横に体を折り曲げて
餌を取って針に付けた

そしてヘッドランプを消して
仕掛けを振り込む

もう微妙な当たりになんか集中できるはずがない

女は俺の少し右斜め前にいるはずだが
その方向の背景は
複雑な形をしたテトラポッドであるため
横目で女の頭を確認する事はできない

ここはガン無視でやり過ごすしかない

しばらくして
浮きがスポンと完全に沈んだ

おぼつかない手でアワセを入れると
またもや仕掛けがすっぽ抜けて来た

俺はヘッドランプを点けると
空中でブラブラする仕掛けを掴み
餌箱が置いてある方を照らした

しかし俺はここで女が気になって
恐る恐る地面を照らすヘッドランプの光を
女のいた方向に這わせて行った

居ない・・・

しかし俺は背後に気配を感じて
ギクリとした

本当に小さい音だが、
ピタッピタッと二回音がした

俺は前だけを見て
慌てて道具をあらかた片付けると
堤防の先端に移動した

後に俺は自分で突っ込んだ

「移動するんかい!帰る所やろ!」

しかし長年通っていて
行動がパターン化していた俺は
この異常事態でも帰るという発想が出てこなかった

一体なんなんだアレ、
頭がオカシな人?

それにしても動く気配も感じさせずに
あの体制で堤防にぶら下がったり上がってくるなんて
信じたくないけど幽霊?

俺取り付かれたの?

俺は大分落ち着いたものの気持ちがブレていたため
道具箱から意味のない物を取り出しては仕舞ったり
竿を持ったり置いたり餌箱を開けたり閉めたりした

そして何とか準備して餌をつけ、
仕掛けを振り込もうと
手元から海に目線を移すと女が居た

やはり顔を半分だけ出して睨んでいる

「キターーーーーーーー!」

本当にそう叫んでしまった

俺は少し泣きが入った

「・・・・もう・・・やめてよ・・・
グスっ・・・うぅ・・うっ」

女は全く反応がない

「なんか用?
グスッ、この世に未練あるの?
グスッ、俺何も出来ないよ・・・グスッ」

俺はクーラーボックスの取り出し小口から
カップ酒を取り出した

「飲む?」

相変わらず
ただこちらを睨みつけているだけの女の顔の前に
恐る恐るカップ酒を置くと
ビクッと手を下げた

「スルメも食べる?」

スルメの袋の開いた方を差し向けて
同じようにカップ酒の横に置いた

「俺霊感とか無いし・・・
こんなの初めてだし・・・
なんで出てくるの?
お願いだから帰って」

俺が泣きながら懇願すると
女はすーっと下がって見えなくなった

俺はしばらく硬直していたが
おそるおそる腰を浮かせて
海を覗き込んだ

何もない

堤防に当たる波が
ちゃぷちゃぷと音を立てている

俺は目の前に置いてあるカップ酒をひったくると
蓋を開けてズビズビと勢いよく飲んだが
違和感に咽て酒を吐き出した

味が無い

確かにアルコールではあるのだが
日本酒の味がしない

ちなみにスルメを噛んでみたが
こちらもあまり味がしない

俺はもう一つクーラーからカップ酒を取り出すと
慌てて飲んだ

ズビズビ音を立てながら一気飲みした

その後、
突然魚が釣れ始めた

釣れに釣れた

しかし心ここにあらずの俺は
ゾンビのように黙々と作業して
翌朝帰る頃に
クーラーの本体蓋開けた俺は二度見した

「誰が食うんだよ、これ」

それ以来女は現れなかったが
気配を感じる事がある

浮きの横に波紋が立ち、
しばらくすると近くに来る

俺は用意しておいたカップ酒とスルメを差し出す

そういう日は魚がよく釣れた

結局女の正体はわからないままだった

また次の話でお会いしましょう。