<最怖>この世で最も怖い話まとめ

眠れなくなるような怖い話をまとめています

MENU

<最怖>夢の中で

高校2年位の夏休みだったと思う。

俺は彼女の家で映画を見てた。

本当は動物園行く約束だったんだけど、
外がめっちゃ暑くて俺が我儘言って取りやめた。

彼女の家の近くのレンタルビデオ屋で
恋愛物のビデオ借りて
ソファーに寝っ転がりながら見てた。

クーラーの気持ちよさと、
ソファーの寝心地の良さで眠くなった。

気が付くと家の前にいた。

いや、俺は彼女の家にいる筈。

つまり、
夢を見てるんだって分かってた。

初めて夢だと認識しながら夢を見るって体験をした。

「これは夢だ」

って思うと、
夢の世界がグニャグニャって成って吐き気がする。

何て言えばいいのか、
言葉に表現し辛いけどすっげー変な感じ。

そんなこんなで
家の中に入ってみる事にした。

門を開けて、
玄関まで行って普通に扉を開ける。

真っ直ぐな廊下の先に台所がある。

そこに、かーちゃんもいる。

右手に階段がある。

「ただいま」

って言ってみると

「おー○○。もう帰って来たん。」

その時めっちゃ眠くなった。

夢の中なのに眠くなるって変だけどなw

「眠いから、夕飯になったら起こして。」

って言って、
階段を上がって自分のベッドに横になった。

そしたら目が覚めた。

勿論彼女の家。

もう夕方だった。

彼女は不機嫌。

一人で借りてきた映画3本も観終わったらしい。

そりゃ怒るよなw

丁度彼女の両親が帰ってきて、

「夕飯食べていけ」

とかいう誘いを適当に断って家に帰った。

門開けて玄関の扉開けて。

やっぱり、かーちゃんがいるw

意味は無いけど、
無性に面白くなったw

かーちゃんは、
キョトンって顔してる。

「ごめんごめん、特に意味は無いんだ。
思い出し笑いだよw」

「そうじゃなくてあんた。
いつ出掛けたの。
さっき二階いったっきり降りて来んかったでしょ。」

え?って思った話でした。

俺が寝ぼけながら彼女の家から自宅に帰って、
また彼女の家に戻ったの?って思ったけど
彼女は俺の横でずっと映画見てたらしいです。

夏の不思議な思い出でした。

また明日の夜にお会いしましょう。